男性

プロペシアの発毛効果|使用前に副作用を把握しておこう

抜け毛に悩み始めたら

医薬品

男性ホルモンを抑制する

薄毛治療の薬としては、フィナステリド成分が配合されているプロペシアがあります。これは、医療機関で医師の診察を受け処方箋を発行してもらうことで処方されます。この薬の効果ですが、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモン、男性ホルモンといわれているテストステロン自体は薄毛引き起こすことはないのですが、このテストステロンが還元酵素である5α-リダクターゼと体内で化学反応を起こすとジヒドロテストステロンに変化します。ジヒドロテストステロンは、毛根を委縮させる強い力を持ち脱毛を引き起こしてしまうのです。そこでプロペシアは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを阻害する効果があります。阻害することで抜け毛が引き起るのを抑制するのです。

治療のリスク

薄毛治療にはプロペシアの外用薬が処方されます。医薬品ですので当然副作用のリスクがあります。報告されている副作用としては、主に性欲が減退してしまう、勃起しなくなる、眠気が引き起こされる、精子の数が少なくなる、初期脱毛などの副作用があります。初期脱毛の副作用ですが、これは正常に薬が効いている証拠であるといえます。髪の毛が正常なサイクルに戻るために、現在生えている弱弱しい毛を下から新しい毛が発毛してくるためです。プロペシアを服用開始して1ヶ月程度で起こる副作用で、抜け毛治療をしているのに抜け毛が増えるのでショックを受けますが、一時的なもので抜け毛は止まります。そこから継続して治療することで3ヶ月〜6ヵ月程度で健康な髪になります。